Blog 妊活

What%27s NEW!

HOME // ブログ // 人生を壊す「マイクロカプセル香害」

Blog 妊活

CATEGORY

  妊活 引くほう 書籍

人生を壊す「マイクロカプセル香害」

「香害」という言葉をご存知でしょうか?

パソコンで漢字変換が一発でできるかあえて試してみましたが、意外にも候補にありました。
その際に表示された意味は「他人を不快にするきつい香り」というような記述でしたが、そんな生やさしいものではありません。

「化学物質過敏症」と言えば、もう少しイメージできるかもしれません。

めまい、動悸、思考力低下、喘息、頭痛、鼻血、目の痛み、白目からの出血、肺炎など、様々な症状で、退職、引っ越し、人生の夢までをも潰してしまうほど、とてもとても怖いものです。

これらの症状がなんと誰でもスーパーや薬局で簡単に手に入れられる製品が原因だと言うのです。

 

** 定期的にセミナーを行なっております。 満足度100%の妊活セミナーはこちらから詳細をご確認ください **

目次

香害の原因

これらの怖い症状はなんと、柔軟剤や消臭剤によるものです。
この本には多くの事例というよりも発症者の叫びに近いアンケート結果が掲載されていますが、周りの理解が得られず、人生を狂わせられている様子が痛々しく綴られています。

CMで女優さんが得意げに来ている洋服を手ではらい「ほら、まだいい香りがするでしょ?」というようなシーンに記憶はないでしょうか?

「マイクロカプセル」という技術を用いた香りが長時間続くアレです。
そのカプセルに使われている「イソシアネート」はどうやら猛毒らしいのです。

自分が使うのをやめればいい、という話ではなく、隣家からの洗濯物や、職場や学校で他人の洋服から被害を受けてしまうというのが、状況を難しいものにしています。

消臭剤もこれでもかと家中にシュッシュするCMも盛んに流れて来ますが、それも使い続けているうちに発症する可能性は誰にでもあるというのです。

そのほか香りの強い制汗剤や合成洗剤、シャンプーなども注意する必要があります。

そして、マイクロカプセルがナノサイズであることが危険をさらに大きくしているというのです。

通常、何か異物が肺に入ってくれば免疫細胞がその異物を食べてくれるのですが、マイクロカプセルが小さ過ぎて免疫機能が反応しない。
つまり肺から血管に入り、全身の臓器に運ばれてしまうのです。

不妊とは関係ない!?

これらの香害の症状が不妊と関連するデータがあるわけではありません。

でも、妊娠する前提は男女ともに「健康であること」です。

動物には2つの本能があり、「個体保存本能」と「種族保存本能」がありますが、「個体保存本能」がまず優先されるのです。

ナンノコッチャ?と思われるでしょうが、つまり「個体保存本能」が「本人の健康」、「個体保存本能」が「妊娠・出産」を意味します。

体は「妊娠・出産よりも母体の健康を立て直す方を優先する」ということです。

当たり前と言えば当たり前なのですが、心身ともに疲弊しているのに不妊治療クリニックに何が何でも通い続けている、という方も少なくないのではないでしょうか?

タイムリミットもありますし、生活も将来の夢もあるでしょうし、その中で治療を続ける努力には本当に頭が下がるのですが、自分がどのような状態なのか、健康を害するものが周りにないのか、可能な限り立ち止まってみていただきたいと思います。

流されずに直感と思考を取り戻す

私は、栄養療法に携わってから健康を害するであろうものはできるだけ絶って来ました。

洗濯洗剤は石鹸かアルカリソーダ、柔軟剤も消臭剤も使いません。

殺菌スプレーも滑稽ささえ覚えます。
そもそも人間の体も雑菌だらけです。

腸内フローラなんて綺麗な言い方をしますが、腸に棲みつく菌やカビです。
そんなものをお腹に1.5キロも抱えていながら、せっせと薬局で様々な製品を買わせられ、毎日そこらじゅうをシュッシュしなければいけない必要がどこまであるのでしょうか?

(よほど衛生環境の悪い場所ならば有効な商品なのでしょうが)

化学物質が体に言い訳がないのです。
薬も化学物質で、ある程度の毒性があります。

その毒を体に入れてまで使う必要があるのか、今一度考えてみてほしいのです。

CMでやっているからとか、みんなが使っているから、という理由であれば、今の日本ではあまりにも無防備です。

ちなみに、「マイクロカプセルのイソシアネートが危険だ」ということはメーカーが知らないわけはないでしょうから、すでに使用成分や製造方法を変えているかもしれません。

いえ、変えていてほしい、と切に願います。

自分の不調が何が原因であるのか、意識を持って観察するだけでも糸口は見つかるかもしれません。

ブログ一覧