Blog 書籍

What%27s NEW!

HOME // ブログ // 「アルツハイマー病 真実と終焉」を読んで

Blog 書籍

CATEGORY

  書籍

「アルツハイマー病 真実と終焉」を読んで

何が驚いたかって、内容がほとんど栄養療法で学んでいることだったこと。
栄養療法の先生に薦められて読むことにしたので予想はしていましたが、細部で異なる部分が多少あっても、着眼点もアプローチもほぼ同じでした。

正直言ってなんとなく、宮澤賢史先生の主宰する分子栄養学実践講座で学んでいることは、「治療方法の一部」であると受け止めていたのですが、「今、人間が健康体に戻るためのアプローチを網羅している」と言ってもいいのではないかとの感覚さえ持ちました。

常々、「妊活にしろガン予防にしろアプローチは基本同じ」とこのブログでも書き続けていますが、認知症は遺伝子要因が大きいのではと思っていたのは誤解でやはり生活習慣が大きく影響することがわかりました。

生活習慣と言っても、食事や栄養の摂り方や運動だけでなく、気づきづらい体内のあらゆる炎症や、カビや重金属と言った毒物が認知症の原因である、としています。
実際、宮澤先生のクリニックでも多くの方が改善する事例を見ているとこれが真実だと確実に思います。

ただ、これは個人の問題だけでははなく。そう言ったアプローチや治療を「代替治療」と怪しいものとひとくくりにしてメディアもとりあげない社会的構造の問題であり、日本の臨床の場でこの本の治療が実践されることは相当先だと思われます。もしくはとても高額でお金のある人しか受けられないか・・・

それにしても、著者のデール・プレデセンさん、なんでも知っているんじゃないかと感じるほどの博識ぶり。
栄養のこともかなり詳しく書かれています。

炎症や毒物に気づいている人は少ないと思いますが、「甲状腺疾患や血糖コントロールが大きく影響する」と聞いたらドキッとする方は多いのではないでしょうか?

たとえ今健康な人でも「自分の食べ方や生活は間違っていないだろうか?」と気になりますよね?
人生100年時代に何が怖いってボケるのが怖いのは皆同じ。

自分の学んだことは必ずどの方にも役に立つと確信しました。
今後は、実践の仕方に焦点を当てて記事を書こうと思います。

今週末の実践講座はアルツハイマーに関してです。おそらくこの本の内容も出てくるかと思われ楽しみです!
実践講座受講にご興味のある方はお問い合わせからご一報くださいね!

ブログランキングに参加しています。
記事が役に立ったと思いましたらボチッとお願いします!

高齢赤ちゃん待ちランキング

ブログランキングに参加しています。 記事が役に立ったと思いましたらポチッとお願いします!

ブログ一覧