Blog セミナー

What%27s NEW!

HOME // ブログ // 妊活塾の経過報告

Blog セミナー

CATEGORY

  セミナー 分子栄養学

妊活塾の経過報告

今年初めからあるご夫婦の妊活のご支援をさせていただいておりました。
この妊活塾は栄養療法と妊活体操・トリートメントを組み合わせたもので、私は栄養療法の部分を担当しております。

栄養療法は、基礎編、腸内環境編、食事編、生活習慣編と4つの講座や、お食事や生活習慣のアドバイスのほか、奥様が栄養療法の検査を希望されたので、信頼のおけるクリニックをご紹介し処方されたサプリメントの飲み方なども合わせてご支援させていただきました。

奥様は元々、分子栄養学関連のセミナーに参加経験があり、栄養療法にご興味があったのですが、旦那様からご理解が得られないと、実は1年前に断念されていました。

栄養療法にご興味のあるのは断然、女性。
確かに栄養に興味のある男性はあまり見かけませんし、「妊活は女の舞台」だと思い込んでいる男性も多いので、お申し込みいただいた時にはとても驚きました。そればかりではなく、栄養療法の講座を行うときも全ての講座に同席し、非常に真剣に取り組んでくださったのです。

しつこいようですが(^_^;)、栄養療法アドバイザーから見えてくる男性の思考は非常に頑固です。
奥様を思いやり、栄養療法に対してもご自身で話を聞き客観的に評価し、最後まできちんと講座を終えようとしている旦那様は素敵過ぎます。
奥様もとても穏やかで可愛らしい方ですが、こんな旦那様とご一緒でお幸せなんだろうな〜と本当に思います。

そして、先月全ての講座を終えたので、これまでの講座の理解度、満足度などを評価していただきました。

理解度と満足度はおおむね4と5をいただきました。
それ以外はつけづらいだろうな〜と思いつつ、とりあえず胸をなでおろしました。
何度もなんども書き直して練習したテキストです。単純に嬉しく思いました。

そしていただいたコメントも嬉しかったのでご紹介します。

まずは旦那様から。
「星谷様の講義は、話され方、口調も含め、非常に内容が頭に入ってきやすく、また自信を持ってご説明、ご回答くださるため、安心、信頼して受講することができました。内容面では、私としては理論面よりも、実践的なアドバイス(だから○○すべき)が更に手厚い方が好ましかったですが、これは今回、自身の興味があり受講した訳ではないという、私自身の属性によるところが大きいと思います」

ご自身の興味がある訳ではないのに、こんなに丁寧に回答してくださるのはやはり「夫の鏡」だと改めて実感しました。
そして、「理論より実践」という的確なご指摘。

栄養療法は根本的に「個体差」ありきなので、理論に重きを置き、必要量、職業などによる実現性、嗜好性に合わせてご自身で実践することを選択していただくのが自然な成り行きなのです。

ちょっと話が飛躍しますが、ビタミンCの必要量は個体差によって20倍違うと言われています。
なので、薬のように「○錠飲んでください」というシンプルな処方やアドバイスではないため、実践のお話をするのが結構難しいのです。

お話を理解していただいてもそれを実行しなければ意味がありません。
栄養療法は「生活習慣を最適化」する側面も持ち合わせています。
「サプリメントを飲むこと」だと思っている人はそれはそれで間違いではないのですが、サプリだけに頼れば高くつきますし、栄養療法の一部しか実践していないのです。
それゆえ、どうやったら楽に楽しく実践できるか、その方に合わせて頭をひねります。
そのまとめは今月末の最終講でお伝えする予定です。

そして奥様。
「検査を含め、座学と実践で取り組むことができ、とても面白かったです。
個人ではなかなかここまでできないので、星谷さんに導いて頂けて良かったです」

楽しんでいただけて正解です(笑)!
栄養療法の素晴らしいことの一つに「楽しい」ことが挙げられます。
諦めていた長年の不調から日に日に解放されていくのは楽しいものです。
体感は検査数値とだいたい比例するので、検査をして今体で何が起きているのか腹落ちしてまた新たな目標や計画を持つというのも上級な楽しみ方の一つではないでしょうか。

先日も奥様からラインで体の嬉しい変化があったとご連絡をいただきました。
奥様は「実践よりも理由を知りたがる」と自己分析されていましたが、その通りの「一体何が効いたのでしょう?」というご質問をいただきました(笑)。
奥様は40歳を過ぎておられますが、栄養療法を始めて数ヶ月にもかかわらず、しっかりと実践された分、体は正直に変化するのですね。

今後も私も楽しませていただきながら、全力でサポートしていこうと改めて決意しました。
経過はまたご報告させていただきますね(^-^)

ブログ一覧